わたしの「新幹線で騒ぐ子ども対策法」

子供、特に男の子は新幹線に乗ることを大喜びしてくれる子が多いかと思います。
しかし、子供が楽しみなのは、「新幹線」そのものであり、乗っている時間のことは問題外なんですねぇ。乗っちゃったら、新幹線は見えませんから。

なので、子供連れで新幹線に乗る人は、本当にいろんな対策を取っていると思います。
赤ちゃんの時代のほうがまだらくかもしれません。ケープなどで授乳して寝かすことに成功すれば、1,2時間は平和に過ごせます。
しかし、1歳前後から2歳くらいまでは大変です。言い聞かせも通用せず、音の出ないおもちゃで喜ばない。だっこしようとしても歩きたがる。本当にみなさんご苦労様です。

なので、子供が黙る特別な方法があったら知りたいですよねぇ。

私自身がやっていることですが、私は食事の時間に乗ります。昼寝の時間に合わせていた時期もあったんですが、うまく寝ないと地獄でした。なので、食べているか寝ている時間だけがおとなしいので、食べる時間を作るんです。

お昼かおやつに合わせます。
お昼に合わせるときは、おにぎりやサンドイッチなど、こぼしにくいものを選びます。そして、お茶とジュースを用意します。
おやつのときや、お菓子を持っていくときは、小分けになったものがベストです。大きいと際限なく食べてしまいます。それも困るし…。ということで、区切りがつくように小分けにしておきます。

3歳くらいになれば、お絵かきや折り紙があるとだいぶ時間がつぶれると思います。

そして、いざとなったらデッキに出れるように、デッキに近い場所を予約します。私は一番前にしています。自動ドアで遊んでしまいそうな場合は、一番後ろがいいかな。
私は上の子を席に残すことが多いので、窓越しに姿が感じられるように前にしています。

デッキに出れるように、貴重品はひとまとめにしてウエストポーチや小さいショルダーなどにしておくのがいいですよ。

何事も経験なので、あまり怖がらずに乗って下さいね。静かにさせようとがんばっているママさんには、周りの方もやさしいと思います。