赤い食べ物はお肌に良い?アンチエイジングに効くかも

「いつまでも若々しいピチピチのお肌でいたい」と思うのは当たり前ですよね。
ある程度の年齢に達した女性は全員、こう思っているのではないでしょうか。

そこで今日は食べ物から考えるお肌の若返りのネタを。

お肌に大切なのは食事です。
口から入った栄養素がわたし達の体を作っているのですから当然ですよね。
保湿や睡眠も大切ですが、体の中からお肌を若返らせましょう。

肌に良いのは赤い食べ物とされています。
エビやカニ、鮭などに多く含まれるアスタキサンチンという成分は抗酸化力が強く、免疫力の低下を防ぎ、筋肉疲労に良い食べ物です。

ただし、マグロの赤身や牛肉の赤色は血の色なので、焼くと赤色ではなくなります。
これらにはアスタキサンチンはありませんので気を付けてください。

そしてお肌にいいといえば、みなさんも馴染みのあるリコピンです。
リコピンはトマト、アセロラ、スイカ、レッドグレープフルーツなどがあります。

食事は毎日のことですから、とても重要です。
ただし、こうした美容のことを気にしながら食事を作るのも大変です。

理想は食品から栄養を取るのが一番ですが、それが出来ないときにはサプリメントを上手に活用して、赤い食べ物で美肌をゲットしちゃいましょう。